お知らせ

4月1日から入院医療費の計算方法が変わります (2018.3.23更新)

当院は厚生労働省の認定を受けて平成30年4月1日より「DPC対象病院」となり、入院医療費の計算方法が変わります。
 
DPCとは
入院される患者さんの疾病や手術、処置の内容に応じて定められた1日あたりの定額点数を基に入院医療費を計算する方式のことです。
 
対象となる患者さん
平成30年4月1日以降に入院された患者さんで、厚生労働省が定めた疾病ごとの診断群分類に該当する方が対象となります。
 
DPCの計算方法
従来の計算方法は投薬や注射、検査などの診療行為を合計して計算する「出来高算定」方式でしたが、DPCになると厚生労働省の定めた1日あたりの「包括評価部分」と「出来高評価部分」とを組み合わせて計算します。
「包括評価部分」には投薬や注射、画像診断や血液検査などが含まれ、これらを多く行っても1日あたりの医療費に変わりはありません。ただし、手術や透析など1,000点以上の処置・リハビリテーションなどはこれまで通り出来高で計算します。また、食事料金や個室料金なども従来と変わりありません。
 
その他、DPCについてご不明な点などございましたら受付事務までご相談ください。

DPC参加病院となります (2018.2.1更新)

2018年4月より「DPC参加病院」となります。
 

「日本麻酔科学会麻酔科認定病院」に認定されました

「日本麻酔科学会麻酔科認定病院」に認定されました。
 

平成29年度 前立腺がん精密検診の実施について

当院では、平成29年度前立腺がん精密検診を実施しております。
一次検診の結果、『要精密検診』となった場合、当院にて前立腺がん検診の精密検診を
健康保険を使って受診できます。 あらかじめお電話にてご連絡ください。
 
受診の際は、保険診療となります。
「健康保険証」と「精密検診依頼書」を必ずご持参ください。
 
前立腺がん精密検診についての内容は こちら(PDF)
 

平成29年度 徳島市COPD啓発推進事業について

実施期間
平成29年7月1日~平成30年3月31日
対象
①40歳以上 ②喫煙歴あり ③咳、痰、息切れなど
いずれかの自覚症状がある(ただし今までにCOPD(慢性閉塞性肺疾患)と診断されている方は対象外です)
徳島市肺がん検診(40歳以上)や保健センター事業で受診を進められた方、
直接登録医療機関へ来られた方も対象です。
検査
保険診療により、スパイロメトリー検査を実施。
結果により要精検となった場合は精密検査医療機関へ紹介となります。

平成29年度 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

平成29年度の肺炎球菌ワクチン予防接種を実施します。
接種ご希望の方はお早めにご予約ください。
対象となる方へは専用の予診票が市町村から届きますので、ご持参ください。
紛失された場合は、予診票の再発行を受けてから来院下さい。

定期接種

対象
①65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる方
②60歳以上65歳未満(接種日において)で、心臓、腎臓もしくは呼吸器の機械またはヒト免疫ウイルスによる免疫機能に障害がある方
接種費用
(自己負担)
徳島市 4,000円(生活保護の方は自己負担なし)
その他、市町村により費用は異なるため、お問い合わせください。
実施期間
平成29年4月1日~平成30年3月1日まで

一般の方

接種費用
(自己負担)
8,424円(税込)
※以前に一度でも肺炎球菌ワクチンを接種した方は、定期接種も助成制度を受けることができません。
 もし、前回接種から 5年以上たち、接種を希望される方は自費での接種となりますのでご注意ください。