本文へ移動

PSAが高いと言われた

PSAってなに?

健康診断などの血液検査でPSAが高いと言われたことはありませんか?
PSAとは、前立腺の上皮細胞から分泌されるタンパクのことです。精液の中に多く分泌されており、受精に欠かせないものと言われています。
一般的にPSAが高いと言われる基準値は4ng/mlとされています。

PSAが高い原因は?

前立腺がん、前立腺肥大症、前立腺炎などが考えられます。

どんな検査をするの?

PSA値が基準値より高い場合、さらに詳しい検査を行います。
血液検査
 
前立腺に疾患がある場合は血液中にPSAが多く浸出してくるので、この値を測定します。
尿検査
 
腎臓などの体のどこかに異常があると、尿の成分や量にも影響します。体の異常を知らせるサインを見つけるための検査です。オシッコを採るだけなので、患者さんにも優しい検査です。
超音波検査
 
前立腺の形や大きさを調べます。
体の外から見てもわからない部分を見る検査です。
特に準備もいらず痛みも伴わないので、安心して受けていただけます。
直腸診
 
肛門から指を入れて、腸壁ごしに前立腺に触れ、大きさ、硬さ、形などをみる検査です。
表面に凹凸や硬い部分があると、がんが疑われます。
前立腺生検
 
前立腺に針を刺して組織を採り、顕微鏡で観察してがんの有無を調べます。
医療法人尽心会 亀井病院
〒770-8070
徳島県徳島市八万町寺山231
TEL.088-668-1177
FAX.088-668-1122
TOPへ戻る