本文へ移動

夜なんどもオシッコで起きる(夜間頻尿)

夜間頻尿ってなに?

夜間頻尿とは、就寝中に排尿のために1回以上起きなければならず、日常生活に支障があるという症状のことです。年齢とともに夜間頻尿で悩む人が多くなりますが、原因は加齢以外にも生活習慣や病気などに隠れている場合があります。

夜間頻尿の原因は?

人間の体は、睡眠時に排尿を妨げるホルモンが昼間の2倍も多く分泌されているため、夜間にトイレに行かずに済むようにできています。
しかし加齢とともにホルモンの分泌量が少なくなり、夜も昼間と同じ量の尿が作られてしまう場合があります。
腎臓は血液を調節する働きがあり、夜間に血圧をあげる物質を分泌して塩分や水分を排出しようとします。
血圧の高い人は夜間に腎臓の血流が増加するため、夜間の尿量が増加し、排尿回数が増えます。
膀胱に十分な尿を溜められない状態のことです。
前立腺肥大症、過活動膀胱、間質性膀胱炎などの病気が隠れている場合があります。
睡眠が浅く覚醒しやすいため、その時に尿意を感じてしまう場合です。

どんな検査をするの?

自覚症状やきっかけについての質問に答えていただきます。
排尿日誌(排尿記録)をつけていただくこともあります。
腎臓など体のどこかに異常があると、尿の成分や量にも影響します。
体の異常を知らせるサインを見つけるための検査です。オシッコを採るだけなので、患者さんにも優しい検査です。
オシッコを出したあと、膀胱の中が空っぽになっているか?
残尿があればどのくらい残っているか?
腎臓や膀胱に結石やできものはないか?
前立腺の大きさはどのくらいか?
など体の外から見てもわからない部分を見る検査です。
特に準備もいらず痛みも伴わないので、安心して受けて頂けます。

どんな治療をするの?

夜間頻尿は様々な原因により引き起こされます。
その原因を突き止め、薬による治療の他にも生活習慣の見直しなど、患者さんの病状に応じた治療を行っています。
医療法人尽心会 亀井病院
〒770-8070
徳島県徳島市八万町寺山231
TEL.088-668-1177
FAX.088-668-1122
TOPへ戻る