診療支援室

患者さんと医師とを繋ぐために

私たちメディカルパートナーは、医師に代わって患者さんの病状や検査結果などを電子カルテに入力しています。
代行入力することによって、医師がパソコンではなく患者さんの目を見て話す時間が多くとれるようになりました。
 
「もっと患者さんと目を合わせてコミュニケーションを図り、患者さんとともに歩む医療を提供したい」という当院の思いを実現するための大切な仕事です。
 
医師や看護師、検査技師など実際の医療に携わるスタッフと、患者さんとの間において円滑なコミュニケーションがとれたり、患者さんが納得のいく診療を受けられるためのサポートをしています。