院内活動

当院では、より良い医療を提供するため院内勉強会や発表会を実施しています。
その一部をご紹介します。
 

医療安全勉強会(1/24,31)

2018-01-24
人工呼吸器をいざという時にあせらず正確に使えるよう、メーカーの担当者より説明を受けました。使用前に確認すべきポイントや安全管理の方法を教わりました。またこの様子はビデオに収め、当日参加できなかった職員もいつでも見られるようにしています。

ISO内部監査員勉強会(1/23,24)

2018-01-23
2月下旬に内部監査を予定しています。
いつものように内部監査で確認すべき規格について勉強しました。今回は新たに2名の内部監査員候補者が勉強会に参加しました。今後も内部監査員の増員とスキルアップに努めてまいります。

心肺蘇生講習 〔1月〕

今回もレサシアンシミュレータ(心肺蘇生マネキン)を用いてあらゆる異常な波形を再現し、正確に判断して除細動器を使用するトレーニングを行いました。
 

接遇研修⑤

2017-12-14
5回シリーズで開催した今年の接遇研修会は今回が最終回でした。
前回までの復習と共に、患者さんへの接し方を再度チェックしました。
この5回の研修で学んだことを活かし、来院される皆さまに“気持の良い接遇”ができるように務めます。

メンタルヘルスケア ~体を動かしてストレス解消!~

2017-12-13
今回は体を動かし、頭も体もリフレッシュするという趣向で、徳島市ふれあい健康館のインストラクターからストレッチを主体とした軽い運動を教えていただきました。
仕事中も体は動かしますが、呼吸を整えてリラックスしながら運動する機会がないので、よい気分転換になりました。参加者の表情も時間が経過するたびに柔らかく変化していきました。この勉強会でメンタルヘルスを意識するようになりました。

感染対策勉強会

2017-12-12
「感染対策における環境整備」について、濱尾副院長より講義がありました。環境整備とは、安心・安全・安楽のための環境をつくるということです。
患者さんのケガや事故、感染症の防止、居心地のよい入院生活のため、さらには早期治療のために徹底した環境整備が必要です。
患者さん、ご家族、そしてスタッフが守られる環境整備を心がけてまいります。

心肺蘇生講習[12月]

2017-12-08
今回はレサシアンシミュレータ(心肺蘇生マネキン)を用いて異常な波形を発生させ、正確に判断して除細動器を使用する訓練を行いました。

排尿自立指導料勉強会

2017-11-15
全看護師を対象に、排尿自立指導料について勉強会を行いました。
病棟看護師の役割や、下部尿路機能評価の方法について詳しく学びました。
即実践できるようにと参加者から活発な質問があり、充実した勉強会となりました。

心肺蘇生講習 [11月]

2017-11-10
「気管挿管」は気道管理のうちで最も確実に気道を確保・保持できる方法です。救命のために、換気を維持する目的で行われます。今回は気道管理トレーナーを用いた挿管体験と、気道確保の手順や介助方法について学びました。
 

泌尿器科勉強会

2017-11-23
中逵医師を講師に、排尿自立指導とPVP(光選択的レーザー前立腺切除術)の勉強会を開催しました。
排尿障害の指標や評価の方法について詳しく知ることができました。
また、PVPはTUR-P(経尿道的前立腺切除術)に比べると出血が少なく、術後の持続膀胱洗浄がほぼ不要で入院期間も短くいので、患者さんのメリットが大きいということを再確認しました。