院内活動

当院では、より良い医療を提供するため院内勉強会や発表会を実施しています。
その一部をご紹介します。
 

ISOの定期勉強会(7/25,7/26)

2018-07-25
全職員を対象に定期的なISO:9001の勉強会を開催しています。
基本的な考え方などの概要説明や当院の医療サービスの質向上にどう活かし、管理しているのかを学びました。今後も質の高いサービス提供と改善にISO:9001を活用し、職員みんなの理解を深め、取り組んでまいります。
 
※ISO:9001とは、サービスや製品の品質を管理するための国際規格のことです。
 

新規導入薬剤説明会

2018-07-24
透析患者さんに使用するカルシウム受容体作動薬について、メーカー担当者から説明を受けました。
 

心肺蘇生講習 〔7月〕

2018-07-13
7月は、病棟での急変を想定した講習を行いました。
胸骨圧迫や心電図の波形の見方、AEDの練習に加えて、ベッドのパネルの外し方や、背板の挿入方法についても確認しました。

面白くて 怖くて たいせつな 誰も教えてくれない「お金」のはなし

2018-06-19
阿波銀行 営業推進部地方創生推進室の方に、
~面白くて 怖くて たいせつな 誰も教えてくれない「お金」のはなし~
という講義をしていただきました。
 
普段行っている医療関係の勉強会とは趣向の違ったもので、お金に関しての自分のライフイベントや老後について深く考えさせられるテーマでした。

心肺蘇生講習〔6月〕

2018-06-15
6月の講習は、気道管理トレーナーを用いた挿管体験と、挿管時に使う物品の説明、実技訓練を行いました。
神山院長から「気管挿管に必要な解像と知識」の講義と受け、その後シミュレータと咽頭鏡、ビデオ咽頭鏡を使用して実技訓練を指導してもらいました。今回の訓練を通して、現場で医師がどのような手技をしているか、その場にいるスタッフには何が求められているかを学ぶことができました。

心肺蘇生講習〔5月〕

2018-05-18
5月度の講習では、小児の急変時対応をテーマに行いました。
乳幼児の胸骨圧迫やAEDパッドを貼る位置の確認などを行いました。
今後も繰り返し訓練し、心肺蘇生術の向上に努めます。

院内感染対策勉強会(5/15,17)

2018-05-15
院内感染対策委員が講師を務めた今回の研修では、正しい手洗い方法やPPE(個人用防護具)の脱ぎ方の動画を視聴して普段の感染予防対策を振り返りました。
さらに、個人で手指消毒剤を携帯するという当院の最近の取り組みから、手指衛生の意識の向上につながっていることも報告されました。

情報システム勉強会(4/26、4/27)

2018-04-26
医療情報システムを適切に運用するために、情報漏えい事故の事例を紹介しながらガイドラインおよび運用管理規定を確認しました。
特にIDやパスワード、個人情報の取り扱い、SNS等への投稿、口外禁止など、情報セキュリティについての注意喚起を行いました。

心肺蘇生講習 〔4月〕

2018-04-13
今月は新人研修のプログラムに他のスタッフも加わって講習を行いました。
今回は胸骨圧迫をしっかり学び、その後シミュレーションをしながら除細動ができるようにしました。

新入職員研修

2018-04-13
新入職員を対象とした新入職員研修を行いました。
亀井病院の沿革や特徴、医療安全や接遇など、これから働いていくうえで必要なことを丸1日かけてじっくりと学びました。
この研修で得た知識を今後の業務に活かし、成長していきましょう。